カテゴリー別アーカイブ: グリーフ・ケア

生まれるも死にいくも、ひとの思いのなかにある

「人間は元来一人で生まれて 一人で死んでいくものである 」とは田山花袋の言葉だそうですが、これはまさに真実だと思います。しかし、生まれてくること、死んでいくことには、周りの多くの人の思いの中にあるのだと、最近つくづく思っています。

人が生まれるとき、確かに一人で生まれてきます。けれどもそこには両親や親族など多くの人の「思い」が存在するのではないでしょうか。                                                    そして死んでいく時も一人で逝くわけですが、そこには配偶者や子どもや友人などの多くの「思い」があるのだと思います。私たちは、生まれ方を自分で選ぶことができないように、死に方も自分の考えだけでは選べないものなのです。

在宅医療で死に行く方々を看取る時、本人の意志を尊重しながらも周りの家族の「思い」をどのように反映させるべきか、苦悩する毎日です。

人は本当に自宅で死にたいのか

私は訪問診療をやっていながら、「本当にひとは自宅で死にたいのか」という疑問を常々持っています。                                           世の中や政府が在宅に誘導する最大の理由は政府が行ったアンケート調査で6割以上の人が最期を自宅で過ごすことをのぞんでいるという結果からです。(よく在宅のほうが病院より医療費が安くなるからということをいう人がいますが、海外で在宅が進んでいる国では在宅のほうが医療費がかかるという結果がでており厚労省もそれは充分に知っています。)

 

けれども、自分自身を翻ってみて、どれだけ自宅にいたいものなのかということが実感できずにいます。一方で、こうした考えを持っていることで、患者さんへの療養方針に迷いやゆらぎがでていたのではないかと反省もしています。そして、この命題を考えた時に、こうした軸が乱れた状態をつづけていて本当に答えが出るとは思えず、もしかするとこのままでは自分が終末期になるまででないのではないかとも思われました。

 

では、どうすべきか。                                                          私の現時点での答えは、「徹底的に在宅にこだわってみる」ということだと思っています。                   「在宅では無理なんじゃないか」と思った時に、もう一度冷静になって「在宅がダメな理由はなにか」、「もっと何かをすれば在宅療養できるのではないか」ということを徹底的に考えることだと思っています。