医療現場こぼれ話~7~ MGとMK

大学病院時代に聞いた話

いま病院の中で医師が使う専門用語は英語がほとんどですが、かつてはドイツ語がよく使われてました。      ドイツ語では、                                                          胃のことを Magen(マーゲン)                                               潰瘍のことを Geschwür(ゲシュール)                                          癌のことを  Krebs(クレプス)                                                 と呼びます。                                                           ですので、胃潰瘍は Magen Geschwür で 略して、MG、胃癌は Magen Krebs で略して MKと呼んでいました。

当時私のいた大学病院では、臓器別に病室が別れていました。また、週に一度主任教授回診というのがあり、教授がひとりひとりの患者の顔を見て回り、若手医師が患者の病状を説明していきます。

胃の疾患の人が入っていた4人部屋でのこと                                       若手医師「Aさんは MKです」                                                                若手医師「BさんもMKです」                                                            若手医師「CさんもMKです」                                                              若手医師「DさんはMGです」

回診後・・・・                                                                   Aさん「MKとかMGというのはどうやら病名らしいな。俺達みんな胃の病気って言われているから、Mが胃の意味だな」                                                                     Bさん「ということは、Kは潰瘍のKで、GはがんのGじゃないか」                                    Cさん「なるほど。そういえば俺は潰瘍って言われているよ」                                           これを聞いたDさんは、   「そうか・・・俺、癌なんだ・・」と落ち込んだそうです・・・・